2011年05月10日

NPO居酒屋「VOCAL風子」


応援団のスタッフ兼理事(現場理事)は2名。
富樫ひろばのシフトを含めて
平均週3〜4回×4〜5時間、月にして約60〜80時間程度の実働者が1名。
橘は週平均6〜7日×、8時間、つまり50時間、月に200時間以上の実働です。

あとの方は公務員・またはそれに順ずるお仕事を持ち、休日の月3〜10時間程度のお手伝いをして下さる方、
自団体運営のため実働時間は無し、連携・ネットワークのみの外部理事のかた、
及び経理の全てをみていただくためにお骨折りいただいてきた会計担当の方の4名です。

まだまだ子育て支援関係は全国どこのNPOでも理事長がいちばん働いていますから
私だけが特別ではなく、当然交通費・謝礼などの報酬は一番多いはずなのですが、
実際はみんなそれを寄附して運営をやりくりしているので、一番貧乏というのが共通の悩みです。

だから地域を越えて、固い絆があるのかもしれません。(笑)


もちろん、NPO法人になったからには橘のこの実働時間を分散し、子育て支援部門の新しい働き方を作っていく所存でおりました。
そしてゆくゆくは時間をかけてフリーに・・・


1.JPG

本来の仕事(風子)に移行していきながら、実は社会の隠れた分野、もう少し難しいところをと考えていました。

例えば夜の保育、
例えば思春期の問題、
そして実は今もかなり多い男性からの妻や子どもに関わる相談とサポートです。

子育てに関わる男性の悩みの受け皿はほとんどありません。
だから
NPO居酒屋「VOCAL風子」はお茶やコーヒーも飲める、真面目な飲みどころ?です。



「風来坊」は未来を担う若者達の異分野交流の場として始まったものです。

ボランテイアに奔走するあまり休業が続いていた自営店「風子」のネグレクト状況を見かねた若い映画監督が、
「僕に預からせてください」と申し出てくれて、当時小児科医を目指す医学生とふたりで始めた若者の居場所です。

それが期せずして大学生や大人になりたての今の若者達がになう苦悩やコミニュケーションの大切さ
そこから見える現代の背景など、その深さに改めて思う事も多く、その役目と意義が少しずつ形を成してきたところです。

風来坊.JPG

かれこれ3〜4年になるのでしょうが、この試みはすっかり某市の目玉企画としてパクられているようですね。
いったいどれだけ助成があるのか、休日には「学生のため」と銘打った企画が目白押し・・

「アイデア流出」にはもう慣れっこですが、一言。

相談しろよ!それが先駆者に対する仁義ってもんだろ!!



そして、「おとあわせ」

もともと私の趣味と娘達のライブ好きをきっかけに「高校生バンドとおやじバンドのコラボライブ」から始まったのですが
いまや高校生を中心に、彼らの悩みや成長に見合った夢の実現を共に考え、サポートの場となっています。

F・12おとあわせ DM.jpg

たとえば、学校や教師からの圧力(40年前とちっともかわってない実態には唖然としますよ)
親の期待が彼らの夢を踏みにじるような事例、
進路に関わる社会からの疎外感など
ここは「子育て支援の最後の関わりどころ」です。

時には 成長していく音楽的な悩みに伴う大人の演奏者や演奏場所へのつなぎ役になり、
音楽関係者のネットワークを生かしたアドバイスやライブ活動゙などの演奏とそれに伴う練習の場の提供などなど・・

いつの世もこどもと若者は可能性の塊(かたまり)です。

昨年は全国の子育て広場関係者のご協力で、なんとお台場での ライブパーテイーを企画!
練馬のおやじバンドさんと演奏させていただきました!!
  
             img107.jpg


このように、富樫ひろばと事務局以外の社会的意味のある活動の内訳は、事務日誌や子育て相談状況カルテにもしています。

でも、そうしなくてはならない義務はありません。どこからもお金をもらってはいませんので・・・


           
posted by 団長 at 16:54| 団長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大量のダンボール箱??2011.4.27

実はこの数日、ちょっと恐怖です。

夜中に帰ってびっくり!でっかい段ボール箱30くらい家の玄関先に積んであったり・・
(えっ??なにごと?!)と娘は恐怖に引きつっていましたが・・

よくよく調べたら双子サークルのリサイクル衣類。   
                    
確かに今までご好意で貸し倉庫に預けてもらっていましたが、こんなに唐突に玄関前に登場するとは・・・笑うしかない

SBSH0110.JPG

そしてこのところ、
私とつきあいのある全国の子育て支援関係者仲間だけでなく、
なんと片町のライブハウスや富樫近くの喫茶店にまで怪文書(とみんな言ってるとこがすごい)が届いたと
電話やメールの嵐の渦中でほんろうされっぱんなし・・・

なにもできないまま、気がついたら毎日夜中の2時です。

おまけに昨日はタクシーと接触事故になってしまい、保険やさんからの交渉も難航してたり、まったく踏んだりけったり。。
世の中GWだというのに・・・

せめて心と体が病気にならないよう背筋を伸ばして、気をつけまーす!
posted by 団長 at 16:41| 団長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご心配おかけしました2011.4.21


昨夜、経理担当理事理事とはじめて話ができ、不本意なことは数々ありますが、
法人としては解散という形をとることに同意しました。

しかし、今でも私は解散の前に理事ができることをせいいっぱいやって責任を負うべきだと思っています。


このあと解散手続きに入りますが、その後は「任意団体子育て生活応援団」として継続していきます。


昨日も、いろいろな方へ郵送で届いたという文章に驚きながらも、

それはそれとして話を進めて下さったり励ましてくださったりの電話とメールをたくさんいただいています。
子育て支援活動の日常はこんなもんですよね。

まあ、日々の活動にさほど支障はありませんね。あるのは風評被害でしょうか(笑)

もちろん今後、団体としてはデメリットがあります。

金沢市に話がいってしまった以上、富樫ひろばもこどもらんどの二の舞です。

すぐに撤退、スタッフのシフト変更、人員確保、急な引越し、利用者の戸惑い、このすべてに対応するのは私。


そして一番とりかえしのつかないこと・・・

それは土日の広場運営と「応援団のテールーム」閉鎖です。

ひろば企画(応援団のテイールーム).JPG


キッチンからみた広場.jpg

ネットワークとしても当事者としても展開がおおきく、パパ及び男性の利用が6~7割という日もあり
広報力も吸引力も全国的な注目度抜群!!

行政に頼るばかりでなく企業や民間の力で子育てを活性化するいろんな可能性があり、
今後期待されている応援団独自のものでした。

またしても、今からというときにやられてしまいました。。



ネットワークグループ・企業のみなさん、ごめんなさい!!
PRの場はまちがいなく、大きく後退します。

さてどうするか・・・しばしご猶予くださいませ。


だれがしかけたものなのか、
「これは女性のヒステリックな処理の典型だ」とはいわれながら、
かなり用意周到にねまわししてきたものがまた勝ちなのでしょうかね・・・

クレーマーに弱い・・・
うわさは流されたほうが悪い・・
「言ったもん勝ち」・・・が金沢の常ですね。
な~んか、もういいやって思ってももういいかな。。。

だから、すごくやしいけど、ちょっとすっきりもしています。
SBSH0034.JPG

私はつくずく、この土地に向いてない人間なのかもしれません・・・・

ここで 生きている限り、ず〜〜っとこうやって手足を引っ張られ続けるのかな~                
posted by 団長 at 16:33| 団長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何がなんだか・・・・2011.4.12


なんだかまた、ご心配かけてすいません。

私が全く知らないあいだに、何がきまったって??っていう感じて、ただひたすら驚くばかりです。
とりあえず理事長の私が知らないのはだめでしょう。

明日説明会?
まずはスタッフのみなさんに説明より私が聞くほうが先だろうと思います。
その後どうしても必要なら、また改めて集まりの日程をお知らせします。

私は明日も急に出てこなくなった現場理事のかわりに、午後こあらのシフトに入ります。

現場のことを全く無視している、そんなふうにどうしてできるのか、さすがに今回はかなり怒りと失望があります。
posted by 団長 at 11:28| 団長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。